大田区メモ

大田区についてアレします

六郷神社のお祭り

f:id:machikadofashion:20170610121051p:plain

今日、明日と六郷神社はお祭りです。 社伝によれば天喜5年(1057)源頼義、義家の父子が、この地の大杉の梢高く源氏の 白旗をかかげて軍勢をつのり、石清水八幡に武運長久を祈ったところ、士気大いに奮い、 前九年の役勝利をおさめたので、凱旋後、その分霊を勧請したのが、六郷神社の創建と伝えられます。

   神橋 文治5年(1189)源頼朝もまた奥州征定の時、祖先の吉例にならい、白旗を立てて戦いでの勝利を祈願したので、建久2年(1191)梶原景時に命じて社殿を造営しました。

現在、社宝となっている雌獅子頭(めじしがしら)と境内に残る浄水石は、このとき頼朝が奉献し、神門前の太鼓橋は、景時が寄進したものといわれております。

国道15号線を超えると、源頼義、義家が、石清水八幡に武運長久を祈りいくさに勝利をおさめたため、凱旋後その分霊を勧請したのが六郷神社です。

バーミヤン西六郷店、東京最南端の中華系ファミリーレストラン

天正19年(1591)徳川家康は、神領として十八石を寄進する朱印状を発給し、慶長5年(1600)には六郷大橋の竣功を祈って願文を奉り、また当社の神輿をもって渡初式を行ったと史書にみえます。

六郷神社が八幡宮の巴紋と併せて葵紋を用いているゆえんは、ここにあります。